注射豊胸のメリットとデメリット

体への負担が少ないので入院の必要がない

注射による豊胸は体への負担が少ないのが最大のメリットです。従来の豊胸手術は胸部を切開する大掛かりなものなので体への負担が大きく、数日から数週間以上の入院が必要でした。しかし注射豊胸なら注射針を刺した跡以外の傷は生じません。外科手術を行わないので入院の必要がなく、日帰りで受けることができます。また、注射豊胸は薬剤を注入しながら形を整えることができるので理想のバストラインを作るのが容易です。サイズの微調整も可能なことから自然な仕上がりにすることも難しくありません。間隔を設けて少しずつサイズを調整できるので豊胸を行ったことが気づかれにくく、手触りも本物の乳房とほとんど変わらないのが注射豊胸ならではのメリットと言えるでしょう。

使用する薬剤ごとのデメリットを理解しなければいけない

注射豊胸は体への負担が少ないメリットがある一方、使用する薬剤ごとのデメリットも存在します。ヒアルロン酸など体内で分解される薬剤は効果が数週間程度なので、バストサイズを保つには定期的な注射が欠かせません。短期間に何度も注射針を刺す形になるので却って体への負担が大きくなってしまうおそれがあります。自分の脂肪を溶解させて胸部に注入する方法なら永続的な効果を期待できますが、必要な量の脂肪を体のどの部分から取り除くかを決めなければいけません。脂肪を除去した部分が凹んでしまうので注意が必要です。乳房の形状を整えるのも難しく、力加減を誤ると歪になってしまいます。安全に豊胸を行うには注射特有のデメリットがあることを知る必要があります。