シリコン豊胸の方法

バストを大きくしたい部分の切開が必要となる

シリコン豊胸は、バストアップをしたい部分を切開して直接シリコンバッグを埋め込むため、色々な豊胸の方法の中でも身体的な負担が大きくなる傾向があります。一方、シリコンのサイズや形などを自由に選べるため、手術の後すぐに理想通りのバストを手に入れられるというメリットがあります。シリコン豊胸をメインに扱う美容外科のクリニックの中には、手術の前に執刀医がカウンセリングを行ったり、術後のシミュレーションをしたりしているところが少なくありません。そのため、安全面やバストアップ効果にこだわってシリコン豊胸をしたい人は、いち早く評判が良いクリニックの症例を確認したり、豊胸の実績が豊富な医師を探したりすることが重要です。

術後も後遺症や肌トラブルを防ぐため定期的な通院をしよう

シリコン豊胸は、ヒアルロン酸や自分の皮下脂肪を使う豊胸と比べ、術後に後遺症や肌トラブルが起こるリスクが高いという特徴があります。特に、持病を抱えている人や肌の状態が変化しやすい人は、術後に理想的なバストの状態を保つため、実績が豊富な医師のもとへ通院を続けることが大事です。クリニックによっては、シリコン豊胸の手術を済ませた患者を対象に優先的に診察の予約を取れるようにしたり、アフターケアの一環として医療器具や外用薬を使った施術を行ったりしているところもあります。その他、シリコン豊胸の術後の通院期間や回数は、人それぞれの年齢や術後の経過などに左右されるため、術前にきちんと担当の医師の説明を聞きましょう。