ヒアルロン酸による注射豊胸

短時間で完了し入院の必要もない

ヒアルロン酸による注射豊胸は、豊胸手術の中でも最も短時間でできる方法です。注射だけなので入院の必要もなく、両胸で20分程で完了します。施術を受けた当日から普段と変わらない日常生活が送れるので、仕事を休まずに豊胸したい人にピッタリの方法です。注射する部位によってバストの形を整えることができるので、ただ大きくするだけでなく谷間を作ったり、離れた胸を中心に寄せたりと、バストメイクができるのが魅力です。ただし、豊胸できるサイズはワンカップほどなので、2カップや3カップ豊胸したい人には向いていません。ヒアルロン酸自体もともと体の中にある成分なので、副作用がほとんどないのも魅力です。安心して受けられる豊胸手術でしょう。

効果の持続期間は半年から2年

ヒアルロン酸による豊胸手術は手軽ではあるものの、効果の持続期間は半年から2年ほどと限定されています。注入したヒアルロン酸は体内に少しずつ吸収されていくので、だんだんと元の状態に戻っていくのです。効果を持続させたいなら、定期的にヒアルロン酸を注入し続ける必要があります。ヒアルロン酸は豊胸手術だけでなくシワ取りの施術にも使用されていますが、シワ取り用と豊胸のヒアルロン酸は種類が少し異なります。豊胸用のヒアルロン酸は、顔に注入するヒアルロン酸よりも粒子が大きく吸収されにくい構造となっています。そのため、シワ取りの施術よりも長く効果が持続するのです。ヒアルロン酸の純度に関しては、シワ取り用も豊胸用も同じです。